POST
多趣味な男の日常風景

名品な予感がする・・・。

  14, 2013 21:10
 青梅は昨日からお祭りです。


町内同士の小さなお祭りなのですが、場所によっては「山車」も出ます。


羽村では山車と神輿が出ており、小学生が奮戦していました。


小学生の中でも6年生だけはあるお仕事があるのをご存知ですか?


通称「じゃらんぼ」と呼ばれており、キョンシーみたいな化粧をし、山車の前で鉄の飾り杖を叩くアレです。


地面に突くと飾り同士が触れ合って「ジャラン ジャラン」と奏でる訳ですね~(昔やりましたw)。


今日はそんな小さなお祭りを・・・・・4か所・・・見ました(だった筈)。


まぁーお祭りの話は置いてといて、自転車の話でもしまショ(^^)




まずはお詫びでもm(__)m


今日はインプレする為に140km程乗ると言っておきながら、100kmしか乗れませんでした。


だから、この以下で紹介するインプレは不完全な部分も出てくると思いますので、ご了承願いたいm(__)m。


さて、日本にどれほどの「コブルコブラー」が生息しているのか、具体的な数字は分かりません。


そして、インプレも少ないです。


と言うか、インプレ自体が数件な気がしますが・・・。



起床は朝・・・・・・いつだっけ・・・・5時・・・・45分前後だったような・・・・・。


で、出発は6時20分。


肌寒い朝の空気を感じながら走りだします・・・・・というかメッチャ寒いです(+o+)


ウェア類は冬用を着ていても寒いですw。


6時の時点で青梅は6℃。


いざ奥多摩湖を目指して走り始めます。


身体も頭も目覚めてないので、20分くらい掛けて身体を温めます。


車の交通量も少なく、快適な走行が続きます。


そして無事に1時間2分52秒で奥多摩湖に到着。


04-14 (1)
04-14 (2)
04-14 (4)

まだ桜がチラホラ咲いているようですね。


普段ならベンチなどには人が休んでいるのですが、誰もいません・・・・。


若干寂しいですw


04-14 (5)

真ん中の山の右側に木が切り開いてるとこ分かります?


そこが奥多摩周遊道路です。


その道を進んでいくと風張峠に行けます(^^)


写真撮影を終え、帰宅します。


寒い中ダウンヒルは嫌ですが・・・・。


ここで予想外のコブラーの真価を発揮しました。


・まずコーナーでの安定性が違います。


・シートポスト自体がコーナリング中にサスペンションの働きをしてくれるお陰で、グリップ力が上がります。


・グリップ力が上がる事によって、コーナリング中でもラインを変えることも可能です。


・コーナリング中にバイクが跳ねる経験は誰でもあると思いますが、このシートポストはそれがないんです。


予想外の好感触に心躍りながら帰宅しました。


しばしの休憩の後・・・・



平坦に向かいます。



目標は二子玉川に設定し、多摩サイを下ります。


サイクリングロードでのスピードは25km/hを上限に走り始めますが、それ程良い印象がありません。


確かに今までのシートポストと比べると、快適性は格段に上がったのは分かりますが、


道が整備されている場所では、このシートポストの効果は薄いです。


だからサーキットなどで行う耐久レースには必要ないかも・・・・。


でも長時間走るなら効果はあると思いますが。。。


そして帰り道。


悪路を35km/hで走ると・・・・・・・・リアのショック性が上がりました。


1~2cm程の段差地帯なのですが、快適です。


これは憶測ですが、ある程度のショックが掛からないと、シートポストのゲルは作用しないと感じました。


結果的にはとても良いカーボンシートポストだと感じました。


これで18900円はお買い得と言えるでしょう(#^.^#)また一般に出回ってない!っていう付加価値も

大いにありです!


04-14 (6)
s-worksの文字が格好良いですね!

04-14 (7)
ボルトは1本締め。個人的には2本の方が…



外見はお世辞にもカッコイイ!!!!!!とは言えないですw。でも慣れの問題なのかもしれません。


あぁ~あとは自転車がコンパクトに見えます。コブのせいで、やたらシートポストが太く見えるんですよ!


27.2の筈が、31.6の様に見えます。


今後はこれをメインに使っていく予定でいますので、またインプレ書こうかと思いますので、宜しくお願いします



余談ですが・・・・


今回のインプレにあたり、大いにこのシートポストの凄さが分かりました。


でもシートポストがリアの衝撃を吸収するせいで、フロントの衝撃はいつも以上に応えますw


今はアルミフレーム・アルミハンドルなので、衝撃がダイレクトに来るのはしょうがないのですが・・・・。


なぜRubaixに付属シートポストになったか分かった一日でしたw。


出来れば、このタイプでハンドルも販売してくれると、バカ売れすると思うけど・・・・・。





えぇーと、今回のインプレはあくまでも私個人的な所も多々あるので、あまり信用しないで下さいね。


身長や体重が違えば、評価は自ずと変わりますので・・・。


参考までに当方のスペックを一部公開します。

身長 170cm
体重 54.30kg
タイヤ コンチネンタルGP4000S(クリンチャー)


体重は比較的に軽い部類に入ると思います。


でもこのシートポストの性能を十二分に引く出すには60kg以上の体重が望ましいと思います。


上記でも述べてますが、ある程度のショックを与えないとゲルが反応してくれないので・・・。


あとはタイヤはハイグリップタイヤがお勧めです!


でも一番良いのは手組ホイール(TU)+25mmタイヤ+カーボンフレームがベストな気がしますw


今度はチューブラーで試そうと思いますので、しばしお待ちください。


と言う訳で、本日はここまで(^^)


良かったと思ったらいつものポチッてお別れです(^^♪

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment 0

What's new?