POST
多趣味な男の日常風景

「休めるダンシング」&第2次フレーム探しの旅。

  11, 2013 22:56
 週末の天気に心躍っている今日この頃。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?


私自身は不摂生な生活の影響で、体重がありない数値を出して驚いていますw。


さて以前にご紹介した動画を御覧になりました(自転車のススメ ヒルクライム編)?


その中で「休めるダンシング」という言葉が出てきたと思います。


自分も独自で「休めるダンシング」なるモノを会得したつもりでいたのです。


そして、何事にも影響を受けやすい性格の持ち主である自分も試してきました(土曜日)


あれ・・・・正直・・・・キツくないですか???


まぁー乗り方なんて千差万別なので、一概にはどうとか言えないのですが、個人的にはデメリットの方が


大きい印象を受けました。


具体的に言うと、上死点から下死点まで一気に足を落とすので、大腿四頭筋に負荷が掛かります。


そして引き足に切り替えるとヒラメ筋(たぶん)に負荷が掛かります。


上体は起きていて呼吸はしやすいのですが、上体が起きている分だけ風圧を受けます。


だから「休めるダンシング」のままアタックとかすると、いつもダンシングよりも体力を削られそうです。


で、このダンシング・・・・試してみて分かったのですが、「これってコンタドールのダンシングじゃない?」


と思いました。


コンタドールのダンシングってプロ選手の中でも異質で、例えジャージやバイクが違えども、彼だと分かる


自信があります。
162710.jpg

もしやり方がわからなかったら、コンタドールのダンシングを動画等で見れば、「休めるダンシング」の


出来上がりです(^^♪


コンタドールの写真を探していると・・・
Contador_Feb2.jpg

このアスタナカラーのSL3は好きでね~。

これでSl5が出てくれれば・・・。


8c941400b2344fc7039b03bad30a0999.jpg


そしてこれはツールの名場面の中で一番好きな絵ですね。


シュレック兄弟がまだスペシャにいた頃の・・・・・戻ってこないかなぁw






次期フレームを求めてネットサーフィン中に日本ではまだまだマイナー?なメーカを見付けました。

ultimate-al-8_c1037.png

ズバリCanyonです。

ドイツの工場から直販で購入出来るので、中間手数料などが一切ありません。


あの御堅いドイツが作る自転車なので、さぞ御堅いフレームなのでしょう・・・・・・・・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


次行きますw

一応完成車で21万3859円と初心者グレードに毛が生えた値段設定ですが、スペックは凄いです。


フレーム
Canyon New F8 Technology

フォーク
Canyon One One Four SLX

ヘッドセット
Acros Ai-70 Fiber

リヤディレーラー
Campagnolo Athena 11s black

フロントディレーラー
Campagnolo Athena 11s black

シフター
Campagnolo Athena Ergopower 11s

ブレーキレバー
Campagnolo Athena Ergopower

ブレーキ
Campagnolo Athena 11s black

ハブ
Mavic Ksyrium Elite

スプロケット
Campagnolo Chorus 11s 12-27

リム
Mavic Ksyrium Elite

タイヤ
Continental Grand Prix 4000 S

クランク
Campagnolo Athena 11s

チェーンリング
50/34

ボトムブラケット
Campagnolo Power Torque

ステム
Ritchey WCS (31,8)

ハンドルバー
Ritchey WCS Evo Curve

サドル
Selle Italia X1 Special Edition

サドルポスト
Canyon VCLS Post


これを個々に定価で買うと・・・コンポとホイールだけで21万5千円近くします。


まぁー定価購入なんて今の世の中ありえませんが、それでも15万弱はするんじゃないですかね?


それにタイヤ・フレーム・ハンドル・ステム・サドル・ピラーと付属品が入ると、21万の価値は余裕で


通り越します。


あとはフレームセットも一応出ています。
f-ultimate-al_c1039.png



黒・・・・好きでもないし、嫌いでもないですw。


やはりフレームは白!が良いですよね(掃除大変だけど)。


値段は11万5千円程で、魅力的な値段設定です。


でも完成車の方も魅力的な値段設定でもいます・・・・。


差額は10万・・・・。


10万あれば6700紐アルテにアルテホイールがギリギリ買えますが、中途半端な自転車になります。


そこからあと完成に持ち込むまでに2~4万程掛かると思います(+o+)。



でもここのバイクって・・・・アフターサービスどうするんだろう・・・・?


直販は確かにメリットは大きいかもしれないが、取り扱い店がないのは流石に・・・・(-_-;)


ハンガー折れただけで、本国発送・・・・・?



もう少し調べる事が多いですね(*^^)vだから楽しいのかもしれませんがw




いつものお願いしますm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment 0

What's new?