POST
多趣味な男の日常風景

1年ぶりの自動車撮影

  09, 2017 00:02
こんばんは。

もう夏ですね。

GWもなんやかんやで8日間(前半後半含め)休む事が出来、気持ち的に、かなりリフレッシュしましたよ。

でもその内、6日間は外出していたので、身体的には全然休めていません。

今回厚木基地 日米親善春まつり 2017 を書きたかったんですが、写真を見返してみると写真が暗いんですよね。

なので、今回は5月3・4日に富士スピードウェイで行われたSUPER GT 第二戦を書こうと思います。


国内最高峰のツーリングカーレースなだけに、どのレースも観戦客が多いのがSUPER GTの特徴ですね。

中でもGW期間中に行われる富士は毎回酷いですけどw

今回は2日間の連続参戦ということもあり、一応機材はフル装備ですw(車だしね!)

20170504-DSC_3975.jpg

今回は一応、D500+200-500+テレコン1.4の最終テストも兼ねてなので、結構気合は入っていますw

このシステムで換算300〜約1400mm相当(クロップ機能使用で)までの画角をカバーできます。

普段車を撮らない身からすると、シャッタースピードの設定が毎回悩むんですよね。

20170504-DSC_2156.jpg

あまりSSを落としすぎると失敗写真の連発だし、逆にSSを上げるとタイヤや背景が止まってしまい、これもつまらない写真の連発になりますw

20170503-DSC_9912.jpg
SS 1/10

落としどころが難しいんですよね。

20170504-DSC_3640.jpg

あっ、それと今回学んだ重要な事があります。

「人と一緒の写真を撮ってもつまらない!」という事です。そのポイントの写真は他の方のブログでも見てくださいw

そして「一箇所に拘らない」という事。

私も4日の決勝は1コーナーから最終コーナーまで撮り歩き、約10km程歩きました。

20170504-DSC_4053.jpg
20170503-DSC_9698.jpg
20170504-DSC_2081.jpg

サーキットは本当に広いですからね。 撮る場所なんていっぱいあるんです。

でも確かに一級ポイントは迫力ある写真が撮れます。 例えば↓とか?

20170504-DSC_3041.jpg
換算約1400mm相当 

ドライバーの目線まではっきり分かりますね。

20170503-DSC_9751.jpg
1コーナーの進入 100m看板付近です。

GT車両は150m付近からブレーキングするみたいなので、ディスクが熱くなるであろう100m付近で撮影。

でもNSXしか真っ赤にならないんですよね〜。

20170504-DSC_2559.jpg
20170504-DSC_4125.jpg
20170504-DSC_3976.jpg

こうやってみると、レクサス同士ですが全然違いますよね。
20170504-DSC_3552.jpg

20170504-DSC_3965.jpg

こうやってみると、結構車両ってタイヤカスで汚れるんですね。

20170504-DSC_3893.jpg20170503-DSC_1347.jpg

20170504-DSC_4031_20170507074544e411.jpg20170504-DSC_1601.jpg

今度は2輪の写真を撮って見たいですね。

p.s. この日は米軍もヘリから観戦していましたw というか、ヘルファイア装備してない?
20170504-DSC_3582.jpg
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?