POST
多趣味な男の日常風景

ペダルでも掃除しちゃう? ※微グロ注意

  14, 2013 00:27
えぇ~何とかクランク交換は回避できました・・・・・。

実はペダルが取れなかったんですw

昨日あれほど苦労したのに、今日再トライしたらいとも簡単にスルッと取れました(^^♪。


さて今日の話題は、ずっと敬遠してきた場所・・・・・今日までは・・・・・ペダルです!

その事で、今日は少し話そうと思います。





ペダルはSPD-SLなので、TIMEやLOOKの方には参考にならないと思いますので悪しからずm(__)m

02-13 (6)


使用工具は↑の物だけです!あとピンセット等があると便利ですね(^^♪

シマノのペダルを分解する上で一番難関なポイント・・・・・。


シャフトを取り出す事なんですw

シャフトを取り出すには、シマノの専用工具(TL-PD40 )を使います。

そしてこれをモンキーレンチ等で挟んで使うのですが、その幅が問題なんです・・・・。


幅は34mmもあるんですねw

普通のモンキーだと30mmが普通?だと思います。

ここでシマノに若干の苛立ちを覚えましたw

明らかに規格外のサイズを取り入れた理由・・・・大人の事情ってヤツですねぇ( ^^) _U~~


しかし、突如36mmまで使えるモンキーを手に入れました。

本当は昨日のうちにやりたかったのですが、ペダルが外れなかったので、本日に持ち越しましたw



さて、早速作業に掛かりたいと思います。

ペダルを左手に!レンチを右手に持ち、回します!

02-13 (7)


長年使ってきたので若干固いですが、万力等の道具は使いませんでした!(←というか持ってないよw)

そうすると写真の様に分解できます!

こうなったらシャフト部分を更に分解します!

上の方にあるナット2個を外します。
02-13 (8)



そして、ここからは慎重に作業します!

更にベアリングの玉押し部分の解体です!
02-13 (9)
02-13 (4)

汚ねぇ(ToT)/~~~~。

こんな感じで分解できます!

ベアリングは片側12個×2なので24個あります。小さいのでなくさないように注意しましょう!

あとパーツの向きなども注意してくださいね!

覚えられなければ順番に並べましょう!

02-13 (10)

パーツはこれで以上です。

ここから再度組み付けです!

外した順番を覚えていれば、逆の手順なので簡単ですね!

02-13 (11)


こんな感じでカップにベアリングをはめていきます!

02-13 (12)


グリスは滅多に開けない場所なので、たっぷり付けましょう!

そして玉押し調整!(若干コツがいります)

02-13 (13)



完成ですね。

ペダルを回してゴリゴリ感があるなら、再度玉押し調整してくださいm(__)m

文章でコツを書くのは、少し難しい気がします・・・・。

とにかくトライ&エラーの繰り返しです!

自分も5回ほど調整しましたが、そのお陰で新たな知識を得る事が出来ました!

動画で紹介出来れば良いんですがぁ・・・・・・。

需要があれば考えてみます!



それではまた今度(*^^)v
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?