POST
多趣味な男の日常風景

チューブは色々あるから購入前に確認を!

  08, 2015 22:48
こんばんはm(__)m


今日は先日の猛暑から一転して曇り空で涼しい印象を受けました。


皆さんは如何お過ごしでしょうか?



先日とふと「25c」ってどうなのと疑問抱きました?


世間では25cが急速に装着率を上げつつありますが、物は試しと25c化を行ってみました。


元々、コンチGP4000sも寿命を迎えつつあったので、この際すべてを取り換えるつもりでパーツを購入。


今回導入したパーツは コンチGP4000SⅡ+パナR-Airです。全部で13000円ほどでしょうか?


私が所有する第3世代Sculturaが設計されたのは2012年らしいです。故に25cがここまで浸透するとは


当時考えていなかったらしく、25cは非対応らしいのですが、普通に装着できました。


IMG_3465.jpg

7barで約26.4mm。


クリアランスも特に問題なく、普通に走れます。


でも多少、ホイールの脱着は難ありです。


そしてチューブは25c対応の物を使う必要があります。


IMG_3468.jpg


すっかり忘れていましが、現行のレーシング0は前後でリムハイトが異なります。


故に32mmだとフロントが限界です。


IMG_3463.jpg

フロントでこのバルブ突出量です。


リアは+6mmのハイト高なので、32mmをリアに使うには・・・。 少しリスクがありますねw


ここは素直に48mmを使います。



重量面以外はすべて25cが優れているらしいので、今後が楽しみですね。


p.s 今回のフレーム購入は少し見送りになります。各社ニューモデルが出るのは嬉しいのですが、どうしても初期って・・・嫌でw

i phone6 と i phone6sを買うなら間違いなく6sを買いますよね?それと同じ原理で、2017年モデルを買おうと思います。

それに新DURAもありますしね(´・ω・`)。

スポンサーサイト

Comment 0

What's new?