POST
多趣味な男の日常風景

手組みホイール購入案

  25, 2013 23:58
現在、手組みチューブラーを購入しようと画策しています。なぜ今のご時世でクリンチャーではなくチューブラーを選択したか・・・・その答えは・・・・乗れば分かります。今日は先日借りていたホイールを返しに行って来ました。勿論今履いているのは完組み+クリンチゃーです。そこで感じた第一印象・・・・超振動を拾います。私は空気圧はフロント100psi リア110psiで入れています。なんでこんなに振動がくる????と思ったほどです(使用タイヤ:コンチネンタル GP4000S)。チューブラーの時は140psi程入れても跳ねる事はあっても、振動がダイレクトに来る時は、大きな段差等でした。これはやはりチューブラーの影響が強いようです。確かにクリンチャーはコスパに優れているかもしれません。でも本当にロードバイクを楽しみたいのであれば、チューブラーを使ってみるのも良いと思います。

・・・・ホイール構成・・・・


リム:アンブロッシオ クロノ F20 チューブラーリム 28H 32H 340g×2
ハブ:TNI エヴォリューション F 77g R245g
スポーク:SAPIM CX-RAY14G 60本260g
ニップル:アルミニップル64個 22g

以上のホイール構成で作ってみたいと思う。でもこれはあくまで山岳ホイール向けの選択なので、平坦や普段使いでは不満が生じるかもしれない。でも総重量約1250gで費用はサイクルベースあさひで購入すると57000円ほど・・・・完組みでここまで軽量なホイールだと、間違いなく20万クラスだと思う。案外安く出来るのが手組みのメリットでもあると私は思っている。
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?